So-net無料ブログ作成
-| 2013年09月 |2013年10月 ブログトップ

ボウリングを始めたきっかけ [ボウリング]

話が前後してしまうが、私がボウリングを始めたきっかけを少し。

 

若い頃、中山律子さんとか全盛時代のボウリングブームの時には少しはやったが、遊びの範囲。

 

2年半前にスポーツと言えばサーキットでバイクを走らせたり、自動車で峠を走ったりとモータースポーツが唯一のスポーツだった。

ところが、バイクでこけて鎖骨骨折で入院したり、その大好きなバイクが盗まれたり、その後にこれまた大好きだったRX-7と言う車で峠で突っ込んで全損したりと最悪なことになった。

 

それで、友人とゲームセンターで『頭文字D』で競い合ったりして遊んでいたのだが、友人が上手すぎて勝てない><

そこで、ゲームセンターにあったボウリング場で「ボウリングなら勝てるかも」とやったのが始まり。

だが、その時はまだまだ遊びの範疇。

100行くか行かないかでやっていた頃、隣のレーンで女性の方がかっこいいフォームでボールが曲がってバンバン、ストライクを取っていた。

それを見て、刺激されて、ボウリング場の方に色々聞いて、セットになっていたボールとバック、それとシューズを買った。

合計しても1万円もしないようなものだった。

それでも、少しずつそれなりにはなってきた。

決定的だったのは、ボウリング場のモニターでPリーグをやっていた。

 

n 066.jpg

n 067.jpg

n 068.jpg

この方、「片井文乃さん」が、アマチュア最後のゲームで優勝したシーンだった。

自分のボウリングをするのを忘れて見入っていて、凄い感動した。

「この人みたいに投げることが出来たら」と思ったのが本格的にスポーツとしてボウリングを始めたきっかけである。

たまたま、近くの町のボウリング場にプロチャレンジで来ていて、たまたま自分の仕事が休みで参加したのも反動をつけた。

アプローチから降りたら普通の笑顔の素敵なお姉さんなのにアプローチに立ったらオーラが見えた。

周りのボウラーとは確かに違った。

それからは片井文乃さんが「こう言う風にしている」みたいな感じでまねをしては自分に合ったらそうして、合わない時はやめて見たいな感じで現在に至っている。

彼女がいなかったらここまで真剣にはボウリングをしてなかっただろうと思う。

かなり今は楽しいので凄い感謝してるし、尊敬している。

実は彼女、前に一緒に働いていた方と同級生らしくて、学生時代は静岡でソフトボールをやっていたらしい^^

まっ、長くなってしまいましたが、私のボウリングを始めたきっかけです。

 


本日のスコア [ボウリング]

先ずは7ゲームやった。

 

 

①167 ②217 ③226 ④213 ⑤194 ⑥172 ⑦175

マーク率は89% Aveは194だった。

最後2ゲームの時にレーンコンディションが変わったのに対応しきれなかった感じ><

久し振りにAve200行きそうな気がしていたのに、残念。

 

夜からJBCの支部月例会に参加した。

合計6ゲームで3ゲームでレーンチェンジ。

これが最低だった。

①148 ②167 ③173 ④175 ⑤139 ⑥190

マーク率 67%  Ave 165

 最近の中で最低のスコアだった><

最後の最後までレーンアジャスト出来ずに立ち位置を変えたり、ボールを変えたりしたが、何かすればするほどドツボにはまっていた><

それと、人と一緒に投げるのが慣れていなくて、一投一投の間隔がまちまちで集中力を維持できていない感じ。

もっといっぱい参加して慣れないといけないなー・・・

 

月例会の結果が悔しくて、終了後に同じレーンで7ゲーム新たに練習した。

①183 ②184 ③202 ④173 ⑤173 ⑥172 ⑦187

マーク率 85%  Ave 182

ストライクがなかなか取れずにスコア的には大したことがないが、月例会の時よりははるかにスペアが取れていた。

 

本日のAveは180。

ここ最近は190台だったので残念な一日だった。 


パーフェクトならず>< [ボウリング]

いつもは車の事ばかりUPしていますが、丁度きっかけとなることがあったので、新たにスポーツボウリングでUPします。

 

ボウリングを始めて2年半。

最初は100行くか行かないかのスコアだったが、我ながら一生懸命(楽しかったから続いているんだけれど・・・)練習して、何回かあった壁を乗り越えて、最近はアベレージ190を越えられるようになって来ました。

 

そして、遂にその瞬間が来ようとしていました!

そうです、ボウラーだったら誰でも目指すし、憧れのパーフェクト。

 

とても調子が良くてボールはブランズウィックの「スゥイージー・ディフェンダーⅡ」。

まぐれではなく自分で投げた瞬間、「ストライク」と思えるほど、左右のレーンコンディションも読めていたし、コントロールもボールの回転や速度も良かった。

9連続ストライクの後、ボールが戻って来ないアクシデントがあったが、仕切り直して10フレームの一投目もジャストポケットのストライク!

二投目も見事にピンが倒れ11連続ストライク。

いよいよ、最後の一投!

 

DSC_1431.JPG

 

狙ったスパットを通り抜け、思い描いていた通りのコースへ。

ところがやはり緊張もしていたし、ビビッてしまってボールの速度が11連続までとはかなり遅かった。

思っていた所よりも手前でフック。

無常にもボールは1番ピンへ。

スコアにもある通り、4、6、7番ピンが残って痛恨の297><

今までの自己最高が287だったので更新したことは嬉しいのだが、それ以上に悔しいと言うより最後の一投の自分に対しての情けなさの方が強いです><

 

改めてボウリングはメンタルが重要なスポーツという事を再認識しました。



-|2013年09月 |2013年10月 ブログトップ